米宇宙軍、統合軍として発足…中露の抑止狙う

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

29日、米ホワイトハウスで、宇宙軍の発足式典に出席した(左から)レイモンド宇宙軍司令官、トランプ大統領、ペンス副大統領、エスパー国防長官=AP
29日、米ホワイトハウスで、宇宙軍の発足式典に出席した(左から)レイモンド宇宙軍司令官、トランプ大統領、ペンス副大統領、エスパー国防長官=AP

 【ワシントン=海谷道隆】トランプ米政権は29日、宇宙領域の作戦指揮を担う統合軍として「宇宙軍」(Space Command)を正式に発足させた。陸海空などの要員が横断的に指揮下に入り、ミサイル防衛や部隊指揮に欠かせない人工衛星の運用や安全確保などが主な任務となる。宇宙領域での軍事的優位性を確保し、宇宙での軍事能力を高める中国やロシアを抑止するのが最大の狙いだ。

 トランプ氏は29日にホワイトハウスで行われた発足式典で、「敵対勢力は、米国の衛星を攻撃する新たな技術で地球の軌道を軍事化している」と訴えた。人工衛星を攻撃したり、妨害したりする能力を持つ衛星攻撃衛星(キラー衛星)などの開発を進める中国やロシアへの警戒感を示したものだ。

 トランプ政権は、2020年までに陸海空などと同格の6番目の独立軍種としての「宇宙軍」(Space Force)も創設する方針だ。ただ、創設には議会の承認が必要となるため、政権の構想通りに進むかどうかは見通せない。

 米軍は現在、陸海空、海兵隊、沿岸警備隊の五つの独立軍種で構成されている。作戦指揮は、地域別や機能別に編成された統合軍司令部が担う。統合軍には、インド太平洋地域に対応する「インド太平洋軍」や、サイバー領域に対応する「サイバー軍」などがあり、宇宙軍は11番目となる。

無断転載禁止
770453 0 国際 2019/08/30 10:17:00 2019/08/30 11:11:48 2019/08/30 11:11:48 From left, Gen. John ”Jay” Raymond, President Donald Trump, Vice President Mike Pence, and Secretary of Defense Mark Esper, unfurl the U.S. Space Command flag during a ceremony to establishment of the U.S. Space Command in the Rose Garden of the White House in Washington, Thursday, Aug. 29, 2019. (AP Photo/Carolyn Kaster) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190830-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ