大西洋ヨット横断の少女、国連本部前で温暖化対策訴える

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=村山誠】国連本部で9月に開かれる気候変動サミット出席のため、ヨットで大西洋を横断して米ニューヨークを訪れているスウェーデンの少女グレタ・トゥンベリさん(16)が8月30日、国連本部前で同世代の若者とともに地球温暖化対策を訴える集会を開いた。

 トゥンベリさんは昨夏から、地球温暖化対策を急ぐよう訴えるため、毎週金曜日に学校を休んで国会前に座り込む活動を続けてきた。SNSや国際会議などで発信を続けるトゥンベリさんは、地球温暖化に危機感を覚える各国の若者の注目を集めている。

 今回の米国への渡航は、太陽光パネルを備えたヨットを使った。英国から父親らとともに2週間かけて大西洋を横断し、8月28日にニューヨークに到着した。この日の集会では、同世代の若者数百人と「私たちは止められない。より良い世界の実現は可能だ」などと声を上げ、集会後には国連総会議長と面会した。

無断転載禁止
772850 0 国際 2019/08/31 21:44:00 2019/08/31 21:59:36 2019/08/31 21:59:36

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ