娘の不正入学疑惑、文在寅氏の側近が関与否定…法相近く任命か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=岡部雄二郎】韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が次期法相候補に指名したチョ国(グク)・前大統領府民情首席秘書官(54)は2日、娘の不正入学疑惑などに絡んで記者会見を開き、「若い世代を失望させた。国民に申し訳ない」と陳謝した。自らの不正な関与については否定し、指名を辞退しない考えを示した。文氏は近く法相に任命する構えをみせており、野党は激しく反発している。

 チョ氏の娘を巡っては、高校在学中、2週間の研修に参加しただけで専門性の高い医学論文の第1著者となり、これを実績に名門・高麗大に特別枠で合格した疑いが持たれている。韓国検察は8月27日、高麗大などを家宅捜索して捜査を始めた。

 文氏は看板政策の検察改革を進めるために側近でソウル大法学部教授のチョ氏を法相候補に指名し、人事聴聞会の開催を国会に要請した。しかし、疑惑を巡る証人の人選などで与野党の調整がつかず、期限の9月2日までに開かれなかった。文氏は再度国会に開催を要請する見通しだが、最大10日の期限を過ぎて聴聞手続きが終わらなければ、関連法の規定でチョ氏の任命を強行することが可能だ。

 一連の疑惑は、受験戦争の激しい韓国で、最も批判を受ける不正入学に絡む問題であったことから、韓国世論の反発が強まっている。

無断転載禁止
775472 0 国際 2019/09/02 19:52:00 2019/10/01 20:00:02 2019/10/01 20:00:02

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ