「世界システム論」の創始者、ウォーラーステイン氏死去

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

イマニュエル・ウォーラーステイン氏
イマニュエル・ウォーラーステイン氏

 【ニューヨーク=橋本潤也】世界の歴史や社会全体を一つのシステムとしてとらえる「世界システム論」の創始者として知られる米国の歴史社会学者、イマニュエル・ウォーラーステイン氏が8月31日、死去した。88歳だった。

 ニューヨーク生まれ。大航海時代以降、交易を通じて、時代の覇権を持った国を中心に資本主義のシステムが形成されたと主張して注目を集めた。また、中心、周辺といった概念を用いて世界の政治や経済を分析。現代世界の構造的変化について100年単位の時間軸で論じ、資本主義経済が冷戦終結と同時に衰退し、覇権争いや南北問題の拡大が続くと訴え、大きな論争を呼んだ。

 ニューヨーク州立大教授などを務め、著書に「近代世界システム」「アフター・リベラリズム」など。

無断転載禁止
778221 0 国際 2019/09/04 11:12:00 2019/09/04 11:12:00 2019/09/04 11:12:00 エール大学社会学部のイマニュエル・ウォーラーステイン教授。2002年10月23日撮影。2008年10月27日朝刊[2008思潮]10月掲載 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190904-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ