香港の地下鉄、中秋節の徹夜運行中止…抗議運動抑制狙いか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【香港=角谷志保美】香港の地下鉄運行会社は12日、秋の祝日「中秋節」の夜から翌日未明にかけて恒例となっている地下鉄の徹夜運行を、今年は行わないと発表した。今年の中秋節は13日だが、通常通り深夜で運行を停止する。13日夜は香港各地で香港政府への抗議運動が呼びかけられており、混乱拡大を防ぐ狙いがある。

 一方、警察当局は12日、民主派団体「民間人権陣線(CHRF)」による15日のデモと集会の申請を却下した。CHRFは6月から3回にわたり100万人(主催者発表)規模のデモを主催しており、今回も大規模化するとみられていた。

 香港政府は、逃亡犯条例改正案の撤回を4日に発表したが、なおも続く抗議運動が週末に激化するのを防ぎたい考えとみられる。

無断転載禁止
792416 0 国際 2019/09/12 17:51:00 2019/09/12 21:11:14 2019/09/12 21:11:14

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ