米政府、北朝鮮傘下のハッカー3団体を制裁対象に…世界中でサイバー攻撃

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也】米政府は13日、北朝鮮によるサイバー攻撃に関与したとして、北朝鮮傘下のハッカー集団「ラザルス」など3団体を制裁対象に指定したと発表した。米国内の資産が凍結され、米国人との取引が原則禁じられる。

 発表によると、ラザルスはハッキングによる機密情報の窃取や、ウイルスを使ったサイバー攻撃などに関与していた。2017年には「WannaCryワナクライ」と呼ばれるマルウェアを使い、日本や米国を含む世界中の企業や銀行を攻撃した。

 別の団体は、16年にバングラデシュ中央銀行の口座から約8000万ドル(約86億円)を奪ったサイバー攻撃に関わったという。北朝鮮の外貨獲得の一翼を担っていたとみられる。

 米政府高官は、3団体が外貨獲得などにより「北朝鮮の違法なミサイル開発を手助けしていた」と声明で指摘した。

無断転載禁止
794896 0 国際 2019/09/14 00:50:00 2019/09/14 00:50:00 2019/09/14 00:50:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ