対イラン追加制裁「48時間以内に詳細」…トランプ氏

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也、ドバイ=水野翔太】ポンペオ米国務長官は18日、サウジアラビアを訪問し、西部ジッダでムハンマド皇太子と会談した。米国務省の発表によると、両氏は石油関連施設への攻撃に関して「イランの攻撃的で見境のない行為は、責任が追及されるべきだ」との認識で一致した。イランへの対抗措置についても協議したとみられる。

 サウジへの攻撃について、トランプ米大統領は18日、米西部カリフォルニア州で記者団に対し、「何が起きたかはほぼ把握できた」と述べ、イランに対する制裁を大幅に拡大する方針を表明した。追加制裁の詳細については「48時間以内に明らかにする」と語った。

 トランプ氏は「我々の立場は大変強い。様々な選択肢を持ち合わせている」と強調しつつ、「戦争という選択肢を検討しているわけではない」とも述べた。

 トランプ氏が制裁拡大の方針を示したことに対し、イランのザリフ外相は18日、「米国が意図的に一般市民を狙って経済テロを実行しようとしている」とツイッターに投稿した。

 一方、ポンペオ氏は18日、サウジへ向かう機中で記者団に対し、攻撃について「イランによる戦争行為だ」と強い口調で非難した。イエメンの反政府武装勢力フーシが犯行を認めているが、攻撃に巡航ミサイルが使用されたとされる点や、ミサイルが発射された方角などを挙げて「フーシの犯行ではない」と断言した。

 ポンペオ氏はムハンマド皇太子との会談を通じ、こうした見方を共有したとみられるが、どのような対抗措置が打ち出されるかは不透明だ。サウジ側は、攻撃に関して国連や国際的な専門家を招いて真相究明を図る方針を示しており、対抗措置の検討に時間をかける可能性もある。

無断転載・複製を禁じます
803197 0 国際 2019/09/19 12:29:00 2019/09/19 12:29:00 2019/09/19 12:29:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ