香港デモ、18歳が警官に撃たれ負傷…至近距離からか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

香港中心部でデモ隊のメンバー(下)を拘束する警官隊(1日午後)=青山謙太郎撮影
香港中心部でデモ隊のメンバー(下)を拘束する警官隊(1日午後)=青山謙太郎撮影

 【香港=角谷志保美】香港で1日、民主派住民や若者らが中国建国70年に合わせ、香港と中国両政府への大規模な抗議デモを行った。デモ隊は一部で警官隊と激しく衝突し、18歳の男性が警官に銃で撃たれ、病院に搬送された。複数の香港メディアは男性が高校生だと伝えている。香港政府によると午後10時(日本時間午後11時)現在、11~75歳の66人が負傷して病院に運ばれ、うち2人が重体、2人が重傷。6月から続く抗議運動で警官の実弾発砲により負傷者が出るのは初めてで、住民らの反発が強まるのは必至だ。

 香港警察の発表では、警官は中国本土に近い新界地区で発砲した。被弾した男性は病院搬送時、意識はあったという。警察は「脅威にさらされて発砲した」と説明している。現場で撮影したとされる映像には、警官が斜め後ろから棒を持って近づいてきた男性に対し、振り向きざまに至近距離から胸に向けて発砲したように映っていた。男性が重体の2人に含まれているかは不明。

 香港では、高度な自治を認めた「一国二制度」が形骸化しているとして、中国の建国記念日の1日に抗議運動が呼びかけられ、各地で無許可デモが行われた。

 デモ隊は発砲のあった地区以外でも道路を占拠して火を付けたり、建物のガラスを壊したりした。警官隊は放水車を出動させたほか、催涙弾などを大量に発射。香港警察は1日深夜の記者会見で、デモで180人以上を拘束したと明らかにした。

無断転載禁止
822949 0 国際 2019/10/01 19:23:00 2019/10/30 20:00:02 2019/10/30 20:00:02

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ