北SLBM、安保理声明まとまらず…欧州6か国は非難

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=村山誠】国連安全保障理事会は8日、北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射を受けた非公開会合を開いた。会合後、英仏独など欧州6か国が「明らかな安保理決議違反で、挑発的行為を改めて非難する」との声明を発表した。安保理としての声明をまとめるには至らなかった。

 6か国の声明は、「対北朝鮮制裁は完全かつ厳密に履行されなければならない」とも指摘した。

 安保理筋によると、会合では米国から米朝協議を継続する意思が示されたという。6か国の声明でも、北朝鮮に「米国との有意義な交渉に誠実に取り組み、具体的な措置を講じるよう求める」と、米国との対話継続を呼びかけた。

 今回の声明には、英仏独とベルギー、ポーランド、来年1月から安保理に入るエストニアが加わった。

無断転載禁止
836723 0 国際 2019/10/09 10:22:00 2019/10/09 12:25:56 2019/10/09 12:25:56

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ