シリアの米軍、一部残留を検討…油田を防衛

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米国のエスパー国防長官は21日、訪問先のアフガニスタンで記者会見し、シリア北東部に一部の部隊を残留させることを検討していることを明らかにした。イスラム過激派組織「イスラム国」などに油田を掌握されるのを防ぐ狙いという。

 シリア北東部ではトルコ軍が越境作戦を実施しており、駐留米軍は撤退を始めている。しかし、油田に近い場所には米軍部隊が残っており、これらの部隊の駐留継続を検討しているという。エスパー氏は「部隊の規模などは何も決まっていない」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
858069 0 国際 2019/10/22 20:21:00 2019/10/22 20:21:00 2019/10/22 20:21:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ