露とトルコが首脳会談、シリア国境地帯の管理など焦点

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=田村雄、カイロ=酒井圭吾】ロシアのプーチン大統領は22日、露南部ソチで、トルコのエルドアン大統領と会談した。トルコ軍のシリア北部侵攻に関する一時停戦が22日夜(日本時間23日未明)に失効するのを前に、停戦期間の延長やシリア国境地帯の管理方法について合意が成立するかが焦点となる。

 インターファクス通信によると、プーチン氏は会談の冒頭、「全ての関係国が利益を得る答えを見いだしたい」と話した。

 ロシアは、シリアのアサド政権の全土掌握を進めるため、トルコ軍の侵攻拡大を防ぎたい考えだ。ただ、ロシアはトルコとも友好関係を維持しており、会合ではエルドアン政権とアサド政権の対話や、トルコが戦うシリア北部の少数派クルド人武装勢力への対応策を新たに提案するとみられる。

 エルドアン氏は22日、トルコの首都アンカラでの記者会見で、「トルコとロシアは、テロリスト排除の観点で一致している」と述べ、ロシアの提案に柔軟に応じる姿勢を示唆したが、一方で軍事作戦の再開もちらつかせた。

 トルコと米国は17日、国境地帯からクルド人武装勢力が撤退することを条件に5日間の一時停戦に合意した。ただ、武装勢力は、トルコが要求する地域の4分の1程度しか撤退に応じていない。武装勢力と共闘を始めたシリア政府軍もトルコ軍とにらみ合いを続けており、戦闘の火種はくすぶる。

 エルドアン氏は、天皇陛下が即位を宣言された22日の「即位礼正殿の儀」への参列を取りやめ、ロシアを訪問していた。

無断転載・複製を禁じます
858174 0 国際 2019/10/22 21:15:00 2019/10/23 01:05:06 2019/10/23 01:05:06

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ