逃走した「イスラム国」指導者の妻ら、トルコが拘束…トランプ氏に説明

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=海谷道隆】米国のトランプ大統領は6日のツイッターで、トルコのエルドアン大統領と電話会談し、シリア情勢などを協議したと発表した。トルコがシリアの少数派民族クルド人勢力への敵対行為を終結させることや、イスラム過激派組織「イスラム国」を含むテロ勢力の根絶に取り組むことなどを確認した。

 トランプ氏は「13日にエルドアン氏に会うことを楽しみにしている」と言及し、ホワイトハウスでの首脳会談の予定に変更がない点も強調した。

 エルドアン氏は、トルコが、米軍の作戦で死亡した「イスラム国」の指導者だったバグダーディ容疑者の妻ら家族や、トルコの軍事作戦に伴う混乱で逃走したとされる多くの「イスラム国」の戦闘員を拘束したことも説明した。

無断転載禁止
885452 0 国際 2019/11/07 10:42:00 2019/11/07 10:42:00 2019/11/07 10:42:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ