香港デモ、「初の死者」追悼広がる…警官が威嚇発砲も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【広州=角谷志保美】香港で8日朝、警察とデモ隊の衝突現場近くで負傷して重体となっていた男子大学生(22)が死亡した。香港の民主派議員団は「デモ現場での負傷による初めての若者の死だ」との声明を発表し、警察に真相究明を求めた。8日午後から追悼行事やデモが行われ、今後、抗議運動がさらに激化する可能性もある。

 香港警察などによると、大学生は4日午前1時過ぎに、新界地区の駐車場の2階に倒れているのが見つかった。3階から転落したとみられ、頭部などを強打して意識不明となっていた。

 警察は、直前に約100メートル離れた場所で催涙弾を使ってデモ隊を排除していたが、駐車場は対象としていなかったと説明している。監視カメラで、大学生が転落の約30分前から一人で駐車場にいたことが確認されたが、転落の具体的な状況は不明だ。

 香港紙・明報(電子版)などによると、8日夜には約10人の警官らがデモ隊に包囲され、うち1人の私服警官が空に向けて威嚇発砲した。

無断転載禁止
889084 0 国際 2019/11/08 21:51:00 2019/12/07 22:00:02 2019/12/07 22:00:02

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ