香港駐留の中国軍部隊、基地外で活動…損害受けた道路など「自発的に」復旧

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

16日、抗議運動の際にデモ参加者らに破壊された柵を修理する中国軍の香港駐留部隊=片岡航希撮影
16日、抗議運動の際にデモ参加者らに破壊された柵を修理する中国軍の香港駐留部隊=片岡航希撮影

 【香港=角谷志保美】香港で16日午後、中国軍の香港駐留部隊の兵士が九竜地区にある基地外に出て、抗議運動で損害を受けた道路などの復旧作業を行った。

 駐留部隊が基地外で公に活動したのは、6月に抗議運動が大規模化して以来初めてだ。混乱の早期収拾を香港政府に求める中国の習近平シージンピン政権が、軍の存在感を誇示し、デモ隊をけん制する狙いがあるとみられる。

 複数の地元メディアによると、数十人の兵士が参加した。駐留部隊は香港政府の要請を受け治安維持などのために出動できるとの法規定があるが、駐留部隊は16日夜、声明を出し「部隊の一部が、道路の片づけをしていた住民に加わった」と自発的活動だったと説明した。香港の民主派議員団は16日夜に声明を出し、「(香港の高度な自治を保障する)『一国二制度』を弱体化させる行為だ」と批判した。

無断転載・複製を禁じます
902475 0 国際 2019/11/16 21:16:00 2019/11/16 23:07:29 2019/11/16 23:07:29 抗議運動の際にデモ参加者らに破壊された柵をなおしていく中国軍の香港駐留部隊(16日午後4時58分、香港で)=片岡航希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191116-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ