GSOMIA破棄回避、韓国NSCで「熾烈な討論」…康外相が逆風に「強い憂慮」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

22日、ソウルで記者会見を開き、GSOMIA破棄回避の決定を発表する韓国の金有根国家安保室第1次長(AP)
22日、ソウルで記者会見を開き、GSOMIA破棄回避の決定を発表する韓国の金有根国家安保室第1次長(AP)

 【ソウル=豊浦潤一】韓国政府が22日、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の破棄回避を土壇場で決定したのは、米国による「圧力」と「仲介」によるものだった。韓国政府では、危機は一時的に回避されただけで、懸案解決に向けた日本との交渉は依然として厳しいとの見方が出ている。

 23日の中央日報によると、大統領府で21日午前に開かれた国家安全保障会議(NSC)では「熾烈しれつな討論が繰り広げられた」。康京和カンギョンファ外相が、協定が破棄された場合の外交的な逆風について強い憂慮の念を示した。22日には鄭景斗チョンギョンドゥ国防相がサウジアラビアから急きょ帰国してNSCに出席し、康外相の意見を後押ししたという。

 23日の朝鮮日報によると21日から米国の国務省、国防総省、上下院議員などが韓国側に破棄回避を働きかけた。国務省は大統領府と外交省、国防総省は韓国軍を説得したという。

 日本と韓国の間でも水面下の交渉が行われた。日米韓協議筋によると、韓国側は「大義名分を与えてくれれば協定は維持する」と伝えたが、日本側の反応は冷淡だった。

 日本側は「協定破棄もやむなし」との立場だったが、韓国が、世界貿易機関(WTO)で日本との紛争手続きを中止すると日本に伝えたことで事態が動いた。日本は、対韓輸出管理厳格化措置をめぐる局長級会議を開く意向を韓国側に伝え、これを受けて文在寅ムンジェイン政権は破棄回避の方針を固めた。

 日韓は、12月下旬に中国で開催される日中韓首脳会談に合わせて日韓首脳会談を開催し、協定の延長、厳格化措置、徴用工訴訟問題の解決を目指すとみられる。

 ただ、日本が厳格化措置を容易に解除しない構えであるため、韓国側からは早くも「厳しい交渉になる」との見方が出ている。

 康氏は23日、韓国メディアに対し、GSOMIA失効回避と輸出管理を巡る協議再開について「若干の突破口が開かれた。とりあえず議論の時間を稼いだということだ。ただ、時間は多くない」と述べた。

 韓国政府関係者は22日、政策対話で進展がなければ再びGSOMIAを破棄できると報道陣に説明したが、日米韓協議筋は「米国が黙っているはずはなく現実的ではない」とみている。

 日韓貿易当局の局長級の政策対話に米国は介入しないため、日本が圧迫を受ける要素は見当たらない。一方の韓国政府は、厳格化措置が解除されなければ、GSOMIA破棄を求める世論に突き上げられる可能性があり、文政権にとって厳しい局面が続きそうだ。

米、韓国対応を評価

 米国のサリバン国務副長官は23日、韓国の康京和カンギョンファ外相と名古屋市内で会談し、日本と韓国の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効回避を決めた韓国側の対応を歓迎した。

 韓国外交省の発表によると、康氏は「日本の(対韓)輸出規制など韓日間の懸案が早期に解決するよう努力する」と述べた。さらに、懸案解決に向けた「米国の建設的な役割」を求めた。

 サリバン氏は、「日米韓の協力の発展」に意欲を示したという。(ワシントン支局 横堀裕也)

回避歓迎 目立つ 韓国各紙…「最悪の事態逃れた」

 【ソウル=豊浦潤一】韓国では、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を支持する世論が多数派だったが、23日の韓国各紙の社説は「最悪の事態を逃れたことは幸い」(毎日経済新聞)などと破棄が回避されたことを歓迎する論調が目立った。

 保守の朝鮮日報は、文在寅ムンジェイン政権が8月に協定破棄を決定したこと自体を批判し、「この3か月間、国論は分裂し、残ったのは同盟の破損だけだ」と論評した。「日本に何の打撃も与えられなかった」とも指摘した。

 左派のハンギョレ新聞は「政府のこれまでの立場に照らせば意外な決定で、政治的な波紋は相当なものになる」とした上で「国民に今回の決定の背景を説明すべきだ」と要求した。米国に対しては「土壇場で仲裁努力を見せてくれてよかった」(左派の京郷新聞)とする意見と「韓国政府を一方的に圧迫してきたことについては遺憾」(ハンギョレ新聞)とする論調に分かれた。

無断転載禁止
914780 0 国際 2019/11/24 05:00:00 2019/11/24 11:40:29 2019/11/24 11:40:29 Kim You-geun, deputy director of South Korea's presidential national security office, speaks at the presidential Blue House in Seoul, South Korea, Friday, Nov. 22, 2019. South Korea says it has decided to continue a 2016 military intelligence-sharing agreement with Japan it previously decided to terminate amid ongoing disputes over their wartime history and trade. (AP Photo/Ahn Young-joon) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191124-OYT1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ