中国軍元スパイ、豪メディアで告白…「香港の書店員誘拐に関わった」 

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジャカルタ=一言剛之】オーストラリアのメディアグループ「ナイン」は23日、中国軍の元スパイを名乗る男性が香港の書店員誘拐に関与したことなどを告白するインタビューを傘下の新聞やテレビで一斉に報じた。男性は、豪政府への情報提供を申し出て、亡命を申請したという。

 報道によると、男性はワン・ウィリアム・リーチャンと名乗っている。2015年に、中国共産党に批判的な書籍を扱う香港の書店員の李波氏を中国本土に誘拐する作戦に関わったとしている。このほか、香港の反中派へのサイバー攻撃などを担当した。中国からの独立を訴える香港大学の学生活動家の個人情報を収集したり、台湾で親中派の選挙を支援する工作活動を行ったりしたという。

 男性は誘拐などの作戦について「香港の全ての『トラブルメーカー』をおびえさせるのが狙いだった」と説明し、「(中国共産党員は)あらゆる国の軍やビジネスに潜伏している」と述べた。

無断転載禁止
915842 0 国際 2019/11/25 05:00:00 2019/11/25 07:33:59 2019/11/25 07:33:59

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ