フィリピンが電子たばこを禁止…243人が一時拘束

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ハノイ=田中洋一郎】フィリピンのドゥテルテ大統領が、電子たばこの輸入停止と公共の場での使用禁止を表明し、比警察当局は25日までに243人の身柄を一時拘束したと発表した。

 フィリピンでは今月、約半年にわたって電子たばこを使用していた16歳の少女が肺疾患と診断されたことが判明し、問題化していた。ドゥテルテ氏は19日、国民向けのテレビ演説で「通常のたばこ同様、電子たばこは有害だ。政府は国民の健康を守る」などと語っていた。

 フィリピンでは2017年に、通常のたばこを公共の場で吸うことを禁じる大統領令が出ている。ドゥテルテ氏は今回、正式な発令を行っておらず、拘束者は全員、すでに釈放されているという。

無断転載禁止
917607 0 国際 2019/11/25 23:11:00 2019/11/25 23:11:00 2019/11/25 23:11:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ