希少アルマジロトカゲ所持、日本人の男2人に有罪判決…南ア

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ヨハネスブルク=木村達矢】南アフリカの地方裁判所は、希少生物のアルマジロトカゲを違法に所持していたとして、日本人の男2人に禁錮6年と4年の有罪判決を言い渡した。現地メディアが27日報じた。

 南ア紙タイムズによると、2人は少なくとも6匹を所持し、南アの国内条例に違反した疑いがあるとして9月に逮捕された。判決は21日にあった。

 アルマジロトカゲは南ア固有種で、希少な野生動植物を保護するためのワシントン条約で取引が規制されている。体長15~20センチで小さなドラゴンのような姿から愛好家の人気を集め、1匹50万円以上で取引されることもあるという。

無断転載・複製を禁じます
924870 0 国際 2019/11/29 17:37:00 2019/11/29 17:37:00 2019/11/29 17:37:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ