トランプ陣営、ブルームバーグ社の取材認めず…「偏った報道を宣言」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也】2020年の米大統領選で再選を目指す共和党のトランプ大統領の陣営は2日、米ブルームバーグ通信に対し、選挙集会などの取材を認めない方針を明らかにした。ブルームバーグ社が「偏った報道を行っていくと公に宣言した」ためだと主張している。

 ブルームバーグ社は、11月下旬に創業者マイケル・ブルームバーグ氏(77)が大統領選の民主党指名候補争いへの出馬を表明した際、「創業者とその家族らに対する調査報道は行わない」と宣言した。

 民主党の他の候補者についても「公平を期すために同様に扱う」とする一方、トランプ政権を巡る報道はこれまで通り続ける方針を示していた。トランプ陣営の今回の措置はこれに反発したものだ。

 一方、ブルームバーグ社の編集責任者は2日、米メディアに対し、「偏向との非難は真実からほど遠い。我々はトランプ氏を(16年の)大統領選の候補者の時から公平に扱ってきた」と反論した。

無断転載禁止
930930 0 国際 2019/12/03 14:03:00 2019/12/03 14:03:00 2019/12/03 14:03:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ