北外務次官「クリスマスプレゼントに何を選ぶか米次第」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=豊浦潤一】朝鮮中央通信によると、北朝鮮のリ・テソン外務次官(米国担当)は3日、北朝鮮が米国との非核化協議で期限に設定した年末まで「日一日と迫っている」とし、「クリスマスのプレゼントに何を選ぶのかは、米国の決心次第である」との談話を発表した。大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験などの再開をにおわせ、米国に譲歩を迫る狙いとみられる。

無断転載禁止
931805 0 国際 2019/12/03 21:43:00 2019/12/03 22:51:09 2019/12/03 22:51:09

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ