正恩氏は「米大統領選を邪魔したいとは思わないはず」…トランプ氏

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=海谷道隆】米国のトランプ大統領は7日、北朝鮮が米国をけん制する声明を出したことに関し、「北朝鮮が敵対的に振る舞ったら、私は驚くことになる」と述べ、非核化を巡る北朝鮮との交渉継続に自信を示した。北朝鮮による今回の声明や最近の挑発行動は、交渉で有利な条件を引き出すための揺さぶりに過ぎないと受け止めているとみられる。

 ホワイトハウスで記者団に語った。トランプ氏は北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長との良好な関係を改めて強調し、「双方がそれを保ちたいと考えているだろう」と訴えた。「様子を見てみよう」とも述べた。

 トランプ氏は、正恩氏が、来年にトランプ氏が再選を目指す大統領選が控えていることを理解していると言及し、「彼は邪魔したいとは思っていないだろう」とも指摘した。

無断転載禁止
938734 0 国際 2019/12/08 06:31:00 2019/12/09 09:29:30 2019/12/09 09:29:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ