男女平等度、153か国で日本は過去最低121位…韓国に逆転される

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】ダボス会議を主催するスイスの民間研究機関「世界経済フォーラム」は17日、2019年版の男女平等度ランキングを発表した。日本は前年の110位からさらに順位を下げ、過去最低の121位だった。

 ランキングは政治参加、経済活動、教育機会、健康の4分野14項目について男女平等の度合いを指数化し、世界153か国の順位を示している。首位は11年連続でアイスランドだった。

 日本は女性の閣僚や国会議員の割合が低く、政治参加で144位と、前年の125位から後退した。経済活動でも115位と低評価だった。企業幹部に女性が少ないことが影響した。教育機会は91位、健康は40位だった。総合121位は先進7か国(G7)の最下位で、アジアでも韓国に逆転された。

無断転載・複製を禁じます
955772 0 国際 2019/12/17 10:23:00 2019/12/17 10:46:17 2019/12/17 10:46:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ