米「宇宙軍」を発足、1万6000人体制…中国やロシアを警戒

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米国のトランプ大統領は20日、2020会計年度(19年10月~20年9月)の国防予算の大枠などを定める「国防権限法」に署名した。署名により法律は成立し、陸海空軍、海兵隊、沿岸警備隊に続く六つ目の軍種となる「宇宙軍」が発足した。新しい軍種の創設は1947年の空軍以来だ。

 トランプ氏は署名に先立ってワシントン近郊の空軍基地で演説し、「宇宙における米国の優位性は極めて重要だ。我々のリードは十分ではないが、すぐに差は広がるだろう」と述べ、宇宙軍創設の意義を強調した。

 米国は、中国やロシアが進める宇宙の軍事利用に警戒を強めている。国防総省によると、宇宙軍は、空軍に所属していた兵士と文官を合わせて1万6000人体制となる。宇宙軍制服組トップは、統合参謀本部の一員に加わる予定だ。

 国防権限法はその年の国防予算や装備調達の方針などを定めるもので、20会計年度の法案は超党派の合意を得て17日に議会を通過した。予算総額は前年度比約3%増の約7380億ドル(約80兆円)とした。

無断転載・複製を禁じます
964254 0 国際 2019/12/21 18:18:00 2020/01/19 19:00:02 2020/01/19 19:00:02

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ