露でテロ計画、米の情報提供で阻止…プーチン氏がトランプ氏に謝意

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=工藤武人】ロシア大統領府は、プーチン露大統領が29日、米国のトランプ大統領に電話をかけ、米国の情報提供で、露国内でのテロを未然に防いだことへの謝意を表明したと発表した。両首脳はテロ対策で今後も協力を継続することで合意した。

 インターファクス通信によると、米情報機関からもたらされた情報に基づき、ロシア連邦保安局(FSB)が27日にロシア人の男2人を拘束した。男2人は、ロシア第2の都市サンクトペテルブルクの繁華街で年末年始にテロを計画していたという。

 米露関係が悪化する中、関係修復のきっかけになる可能性もある。

無断転載・複製を禁じます
977872 0 国際 2019/12/30 07:49:00 2019/12/30 18:18:16 2019/12/30 18:18:16

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ