ゴーン被告を刑事告訴…トルコの航空会社「航空機を違法に使われた」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ベイルート=上地洋実】プライベートジェット(PJ)を運航するトルコの航空会社「MNG Jet」は3日、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の日本からの出国やレバノンへの入国を巡り、「航空機を違法に使われた」として、ゴーン被告を刑事告訴したと発表した。

 発表によると、MNG Jetは別々の顧客名で2機のPJの手配を受けた。1機はアラブ首長国連邦(UAE)のドバイから関西空港に到着し、関西空港からトルコのイスタンブールに飛び立つ旅程で、もう1機はイスタンブールからレバノンの首都ベイルートに向かうものだった。

 いずれも搭乗者名簿にゴーン被告の名前はなく、同社の従業員の一人がトルコ警察の捜査に対し、記録を改ざんしたことを認めたという。トルコ警察は、この問題に絡みパイロットら7人を拘束し、捜査している。

 レバノンの検察当局は3日、読売新聞の取材に対し、ゴーン被告が国際刑事警察機構(ICPO)から国際手配されたことを受け、ゴーン被告を近く召喚し、事情聴取する方針を明らかにした。レバノンのサルハーン法相は、ゴーン被告の日本への身柄引き渡しには消極的な姿勢を見せている。

無断転載禁止
981681 0 国際 2020/01/03 20:26:00 2020/01/04 01:09:38 2020/01/04 01:09:38

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ