「淡水魚の王」ハシナガチョウザメ絶滅…水質汚染深刻な中国・長江の固有種

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

2002年、江蘇省昆山で撮影されたハシナガチョウザメ(中国水産科学研究院長江水産研究所首席科学者・危起偉氏提供)
2002年、江蘇省昆山で撮影されたハシナガチョウザメ(中国水産科学研究院長江水産研究所首席科学者・危起偉氏提供)

 【上海=南部さやか】中国の生物学者らは、昨年12月に国際的な環境科学誌に公表した論文で、中国最長の河川・長江の固有種で「淡水魚の王」と呼ばれるハシナガチョウザメが絶滅したことを明らかにした。

 ハシナガチョウザメは、世界最大の淡水魚の一種とされ、成魚の体長は大きなもので7~8メートル、重さ500キロ・グラム以上になる。論文では、最後に生息を確認したのは2003年で、05~10年に絶滅したと推測している。国際自然保護連合(IUCN)はレッドリストで、絶滅の恐れが最も高い「深刻な危機」に分類している。

 長江では、世界最大級の「三峡ダム」建設などによる魚類の減少や水質汚染が深刻で、中国政府は1月から、長江の生態系保護を目的に、政府指定の自然保護区332か所を無期限の禁漁水域としている。21年からは長江全域で10年間、漁を禁止する。

無断転載・複製を禁じます
988340 0 国際 2020/01/07 18:47:00 2020/01/07 20:31:03 2020/01/07 20:31:03 2002年、江蘇省昆山で撮影されたハシナガチョウザメ(中国水産科学研究院長江水産研究所首席科学者・危起偉氏提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200107-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ