「おじけづいたトランプ」報道も…イラン指導部は戦争回避に安堵

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【テヘラン=水野翔太】トランプ米大統領が8日の演説でイランに対する軍事力の行使に否定的な考えを示したことに対し、攻撃を実行したイラン革命防衛隊に近いファルス通信は8日、「イランのミサイルにおじけづいてトランプが大きく譲歩した」と報じた。

 イラン国内では、精鋭軍事組織「革命防衛隊」のスレイマニ司令官が米軍に殺害されたことに、報復を求める声が高まっていた。弾道ミサイル攻撃で報復を果たす一方、米軍との全面戦争は避けられる見通しとなったことで、駆け引きに勝利したと受け止められているようだ。

 イラン政府関係者は8日、トランプ氏の演説について、本紙の取材に「良かった。事態の急速な悪化は避けられそうだ」と話した。米国とイランの軍事力の差は歴然としており、イランもトランプ氏の反応を注視していた模様で、本音では安堵あんどしているとみられる。

8日、AP通信が報じたイラクのアサド空軍基地の衛星写真。イランのミサイル攻撃による損害が確認できる(AP)
8日、AP通信が報じたイラクのアサド空軍基地の衛星写真。イランのミサイル攻撃による損害が確認できる(AP)

 イランが8日、米軍などが駐留するイラクの基地へ行った弾道ミサイル攻撃では、米軍拠点への攻撃が事前に予告されていた上、ミサイルも最新鋭でない型が使われていた。

 ただ、イラン経済は核開発などを巡る米国の制裁で疲弊している。米国が新たな経済制裁に踏み切ればイランの反発は必至だ。

 イラクでは、イスラム教シーア派民兵組織が反米行動を強めており、イランによる弾道ミサイル攻撃後も、中東情勢は依然として緊張が続いている。AFP通信によると、イラクの首都バグダッドで8日深夜、米大使館がある旧米軍管理区域(グリーンゾーン)にロケット弾2発が着弾した。

無断転載禁止
991816 0 国際 2020/01/09 11:14:00 2020/01/09 12:23:44 2020/01/09 12:23:44 This satellite image provided on Wednesday, Jan. 8, 2020, by Middlebury Institute of International Studies and Planet Labs Inc. shows the damage caused from an Iranian missile strike at the Ain al-Asad air base in Iraq. Iran's actions were in response to the U.S. killing of Revolutionary Guard Gen. Qassem Soleimani. (Planet Labs Inc./Middlebury Institute of International Studies via AP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200109-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ