ウクライナ機墜落、イラン「誤って撃墜」認める

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

テヘラン近郊のウクライナ国際航空機の墜落現場(8日、AP)
テヘラン近郊のウクライナ国際航空機の墜落現場(8日、AP)

 【テヘラン=水野翔太】イランは11日、首都テヘラン近郊で8日に墜落したウクライナ国際航空の旅客機について、イランが誤って撃墜したことを認める声明を発表した。誤射は人為的だが意図的でなかったとし、謝罪の意も示した。イランはこれまで「墜落は技術的なトラブルが原因」と主張していたが、米欧がイランによる撃墜との見方で追及を強める中、前言を撤回した。

 声明を発表したのは、イラン革命防衛隊と正規軍、警察を統括するイラン指導部の組織。イランは8日未明、米軍や有志連合が駐留するイラクの基地へのミサイル攻撃を行った。米軍からの反撃を警戒し、防空警戒レベルを引き上げていた中、ウクライナ機がイラン革命防衛隊の軍事施設に接近したため、ウクライナ機を外部からの軍の飛行体と勘違いし、撃墜したと説明した。

 また、イランのザリフ外相はツイッターへの書き込みで誤射を認め、「悲しい日だ。国民と犠牲者の家族、関係国に深い遺憾、謝罪、追悼の意を示す」と表明した。

 墜落した旅客機(ボーイング737―800型機)は8日午前6時12分頃、ウクライナの首都キエフに向けテヘラン近郊のイマーム・ホメイニ国際空港を離陸し、約6分後に墜落した。乗客乗員計176人は全員死亡した。

 米国のポンペオ国務長官も10日、ホワイトハウスでの記者会見で、「飛行機はイランのミサイルによって撃墜されたとみられる」と述べていた。最終的な結論ではないとの見解も示し、「調査の結果を得た時点で、我々と世界各国は適切な対応を取るだろう」と話していた。

無断転載禁止
995737 0 国際 2020/01/11 13:32:00 2020/01/11 13:45:38 2020/01/11 13:45:38 In this Wednesday, Jan. 8, 2020 photo, rescue workers search the scene where a Ukrainian plane crashed in Shahedshahr, southwest of the capital Tehran, Iran. Iran on Friday denied Western allegations that one of its own missiles downed a Ukrainian jetliner that crashed outside Tehran, and called on the U.S. and Canada to share any information they have on the crash, which killed all 176 people on board. (AP Photo/Ebrahim Noroozi) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200111-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ