「卑劣な選挙で公正性もなかった」…人民日報、蔡氏再選を批判

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【台北=比嘉清太】中国共産党機関紙・人民日報(電子版)は12日、台湾総統選で再選した蔡英文ツァイインウェン総統と与党・民進党について、「政策的に票を買収した。卑劣な選挙で、いかなる公正性もなかった」と主張した。選挙結果に正当性はないとして、対等な立場での対話を中国に求める蔡氏をけん制する狙いとみられる。

 人民日報は、中国が目指す「平和統一」路線は険しい道のりだとの見方があるのは「理解できる」としつつも、「善意で(台湾住民の)わだかまりを解かすべきだ」と指摘した。武力行使による中台の統一を主張する中国国内の一部の強硬意見に自制を求めた形だ。

無断転載禁止
997313 0 国際 2020/01/12 21:20:00 2020/01/13 00:54:19 2020/01/13 00:54:19

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ