噴煙1万5千m、500便欠航…フィリピンの火山噴火

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

12日、マニラ近郊で、噴火するタール火山(JAY DE SAGUN CABRERA提供、ロイター)
12日、マニラ近郊で、噴火するタール火山(JAY DE SAGUN CABRERA提供、ロイター)

 【ハノイ=田中洋一郎】フィリピン・マニラの南方約60キロにあるタール火山(標高311メートル)で12日午後、噴火が起きた。死傷者は確認されていないが、噴煙による視界の悪化で、マニラの国際空港が発着を一時停止し、500便以上が欠航した。

 フィリピン火山地震研究所によると、噴火は水蒸気爆発とみられ、噴煙は高さ1万~1万5000メートルに達した。マニラなど広範囲で火山灰が観測された。

 タール火山は、観光名所として知られるタール湖に囲まれている。当局は、半径14キロ以内に住む住人に避難するよう呼びかけており、フィリピン英字紙フィリピン・スター(電子版)によると、13日までに2万4000人以上が避難した。

 火山地震研究所は、数日以内に「爆発的噴火」が起きる可能性があるとして、0~5ある警戒レベルを、2から4に引き上げた。

 タール火山の最後の噴火は1977年だった。地元メディアによると、11年には噴火で約1500人が亡くなったことがある。

無断転載禁止
998085 0 国際 2020/01/13 19:09:00 2020/01/14 00:35:26 2020/01/14 00:35:26 The erupting Taal Volcano is seen from Agoncillo, Batangas, Philippines, January 12, 2020 in this still image obtained from a social media video. Video taken January 12, 2020. JAY DE SAGUN CABRERA /via REUTERS THIS IMAGE HAS BEEN SUPPLIED BY A THIRD PARTY. MANDATORY CREDIT. NO RESALES. NO ARCHIVES. https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200113-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ