タイ訪問の武漢女性、新型コロナウイルス感染…中国以外で確認は初

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【バンコク=大重真弓】タイ保健省は13日、中国の湖北省武漢市からタイを訪れた60歳代の中国人女性が、新型のコロナウイルスに感染していたと発表した。武漢市では昨年末から原因不明の肺炎が多発しており、タイ保健省は、武漢市の患者から検出された新型のコロナウイルスと一致したとしている。中国以外で感染が確認されたのは初めて。

 発表によると、この中国人女性は61歳で、団体旅行でタイを訪れた。バンコクのスワンナプーム空港に到着した際、38度以上の発熱と呼吸器の疾患が確認されたため、医療機関に搬送されたという。12日に新型のコロナウイルスへの感染が確認された。

 女性は快方に向かっており、機内で女性の近くに座っていた乗客も含め、他に感染者はいないという。タイでは年明け以降、武漢市からの乗り入れ便がある国際空港で、体温を感知するサーモグラフィー検査を行うなど検疫を強化していた。

無断転載禁止
1000195 0 国際 2020/01/14 20:43:00 2020/01/21 11:24:52 2020/01/21 11:24:52

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ