ゴーン被告の処遇改善「何度も安倍首相に伝えた」…仏大統領

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【パリ=作田総輝】フランスのマクロン大統領は15日、中東レバノンに逃亡した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の日本での処遇について、「勾留や取り調べの状況は満足いくものにみえないと何度も安倍首相に伝えた」と述べ、改善を求めていたことを明らかにした。新年の記者会見で質問に答えた。

 マクロン氏は、ゴーン被告が仏国籍を持っていることに関連し、「全てのフランス国民が、外国の司法手続きの下でも基本的な権利を尊重され、適切な対応を受けることを望む」とも表明した。ゴーン被告の逃亡については「コメントしない」と述べるにとどめた。

 ゴーン被告は、8日にベイルートで行った記者会見で、「弁護士の同席なしに1日8時間も尋問を受けた」などと主張し、日本の司法制度を批判した。

無断転載禁止
1002912 0 国際 2020/01/16 11:05:00 2020/01/16 11:05:00 2020/01/16 11:05:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ