ヘンリー王子夫妻、春から王室の中心メンバー外れる…殿下・妃殿下の肩書失う

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=広瀬誠】英王室は18日、ヘンリー王子(35)(王位継承順位6位)と妻のメーガン妃(38)が、今年の春から王室の中心メンバーを外れると発表した。夫妻は「殿下」「妃殿下」の肩書を失う。今後は公務を行わず、公務に伴う公費も受け取らないという。

 発表によると、夫妻は、公金でまかなわれた英国内の住居の改装費を返金する意向という。BBCなどによると、改装費は240万ポンド(約3億4000万円)に上る。

 女王は18日に出した声明で、「過去2年間の激しい監視が生み出した試練を認識し、独立した人生を歩みたいという願いを支持する」と述べ、2018年の結婚以来、2人が英大衆紙から過度とも言える注目を受け続けたことで感じた困難に理解を示した。

 ヘンリー王子はチャールズ皇太子の次男で、エリザベス女王の孫。2人は今月8日の声明で、経済的に王室から独立し、英国と北米で生活する意向を表明した。 ロイター通信は夫妻が今後、皇太子から私的な支援金を受け取りながら、大半の時間を北米で過ごすとの観測を報じた。ただし、滞在先として有力視されるカナダでは警備費負担に対する反発が起きている。

無断転載・複製を禁じます
1007632 0 国際 2020/01/19 06:53:00 2020/01/19 21:20:54 2020/01/19 21:20:54

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ