新型コロナウイルス、武漢で新たに17人の感染確認

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【上海=南部さやか】中国湖北省武漢市で多発する新型コロナウイルスによる肺炎で、武漢市政府は19日、新たに17人の感染を確認したと発表した。感染者は合わせて62人となった。

 17人は30~79歳の男性12人と女性5人で、いずれも13日までに発症し、17日に感染が確認された。うち3人が重症で、これまでの重症者は計8人に増えた。

 市政府はこれまで3日以降の新たな発症はないとしていた。一度に17人もの感染が確認されたのは、より精度の高い試薬を使って検査したからだと説明している。今後も感染者が増える可能性がある。

 17人の中には、感染者の多くが関わっていたとされる市中心部の「華南海鮮卸売市場」に出入りしていなかった人もいたという。

 中国では25日の春節(旧正月)を前に、帰省や旅行に向かう人の移動が始まっている。市政府は感染拡大を懸念し、14日以降、空港や鉄道駅などに300以上の検温器を配備し、検疫強化を図っている。

無断転載・複製を禁じます
1008025 0 国際 2020/01/19 20:48:00 2020/03/10 02:26:16 2020/03/10 02:26:16

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ