国後島に連行された日本漁船、ロシア当局が解放

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=田村雄】タス通信によると、ロシア連邦保安局(FSB)は20日、北方領土周辺で操業し、国後島古釜布ふるかまっぷに連行していた歯舞漁協(北海道根室市)所属の漁船「第68翔洋丸」を解放したことを明らかにした。第68翔洋丸は20日、古釜布を出発したという。

 FSBは、15日に第68翔洋丸の船内から未申告の海産物が見つかったとして連行し、検査していた。操業日誌に記載されていない1100キロ・グラムの海産物が発見されたとしている。FSBは解放理由として、第68翔洋丸側が「罰金」を支払ったためと説明している。

無断転載禁止
1009620 0 国際 2020/01/20 16:00:00 2020/01/20 16:00:00 2020/01/20 16:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ