新型コロナ対策、習主席が独仏首脳と電話会談

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=中川孝之】中国の習近平シージンピン国家主席は22日、新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、ドイツのメルケル首相、フランスのマクロン大統領と個別に電話会談した。習氏は中国政府の対応について、厳密な防疫措置を取り、速やかに情報を公開していると説明し、理解を求めた。

 中国外務省によると、メルケル、マクロン両氏はいずれも中国政府の対応を評価し、連携強化を確認した。習氏としては、世界保健機関(WHO)が「国際的な公衆衛生上の緊急事態」にあたるかどうかを協議している中、WHOに強い影響力を持つ独仏両首脳との意思疎通を図る思惑もあったとみられる。

無断転載禁止
1016649 0 国際 2020/01/23 21:51:00 2020/03/10 16:17:17 2020/03/10 16:17:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ