湖北省、ペストやチフス流行と同水準の防疫態勢

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=竹内誠一郎】中国共産党機関紙・人民日報(電子版)によると、中国の死者のうち24人が湖北省で、河北省、黒竜江省で1人ずつ確認された。

 中国中央テレビによると、湖北省では、患者が集中する武漢市を含めた13市が公共交通機関の停止などによる市内の封鎖措置をとっている。湖北省政府は24日、今回の肺炎はペストやチフスの流行と同水準の「特に重大な公共衛生事件」だとして、「1級」の防疫態勢に入ったと発表した。北京、上海市や広東省など13省・直轄市・自治区も追随した。

 しかし、感染者は既に29の省・直轄市・自治区に及び、チベット自治区と青海省を除く本土全域に広がっており、封鎖の効果は不透明だ。

無断転載・複製を禁じます
1018604 0 国際 2020/01/24 22:44:00 2020/03/10 15:54:02 2020/03/10 15:54:02

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ