武漢市、流行初期にかん口令「医師にできたのはマスク着用勧めることだけ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=竹内誠一郎】中国の有力誌・中国新聞週刊(電子版)は25日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が拡大している湖北省武漢市で、肺炎の流行が始まった昨年末、市当局が事実の公表を抑えていたことを示唆する医師の証言を伝えた。

 武漢協和医院の医師が、同誌の取材に匿名で応じた。「流行が始まったばかりの時期、武漢市の方針は消極的だった」と指摘し、病院側から「許可を得ずに公共の場で感染状況を語ったり、メディアの取材を受けたりしてはならない」と通知されていたと明らかにした。

 市が肺炎の流行を初めて公表したのは昨年12月30日だった。この医師はかん口令の期間中は「医師にできたのは患者に繰り返しマスク着用を勧めることだけだった」と振り返った。

 市トップらに対してはこれまでも、情報公開や対応の遅れが指摘されていた。湖北省共産党委員会の機関紙・湖北日報の張欧亜ジャンオウヤー記者は24日、中国版ツイッター・微博ウェイボーへの書き込みで市トップの対応を批判し、「交代を希望する」と主張した。

 武漢市の党委書記や市長らトップは、上級組織の省党委にも名を連ねる地元の高級幹部にあたる。党機関紙記者が正面から批判するのは極めて異例だ。書き込みはまもなく削除された。

 中国政府は、25日に大規模な医師団を派遣するなど、武漢市の防疫政策への関与を強めている。2月3日の完成を目指して24日に着工した1000床の臨時病院の整地作業も進んでいる。2002~03年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の際、北京市当局が郊外に1週間で完成させた「小湯山医院」に倣ったという。

無断転載・複製を禁じます
1019575 0 国際 2020/01/25 20:36:00 2020/03/10 11:22:42 2020/03/10 11:22:42

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ