武漢の海鮮市場、採取サンプルから新型コロナウイルス…野生動物が感染源か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中国中央テレビ(電子版)は26日、武漢市の「華南海鮮卸売市場」で中国当局が採取した585のサンプルのうち、33のサンプルで新型コロナウイルスが検出されたと伝えた。野生動物の取引が行われていた市場西側で得たサンプルからの検出例が多く、野生動物が感染源の可能性が強まった。

 また、中国中央テレビによると、周先旺ジョウシエンワン武漢市長は26日の記者会見で、感染者数がさらに1000人前後増える可能性に言及した。

無断転載・複製を禁じます
1020968 0 国際 2020/01/27 00:01:00 2020/03/10 15:52:03 2020/03/10 15:52:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ