【独自】武漢の日本人「退避作戦」…水面下の攻防難航、外相が直談判

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中国湖北省に在留する日本人の帰国に向け、日本政府は民間チャーター機の派遣に踏み切った。新型コロナウイルスによる肺炎で現地は事実上封鎖され、政府支援が不可欠と判断した。感染症による大規模な邦人の国外退避は初めてで、派遣に向けた調整は難航を余儀なくされた。

ほとんど人影のない武漢市中心部(28日正午頃、住民提供)
ほとんど人影のない武漢市中心部(28日正午頃、住民提供)

 「外出ができず、これ以上生活できない」

 外務省の聞き取りに対し、在留邦人の帰国希望は25日になって急増した。それまでは「まだ大丈夫」などと情勢を見守る声が多かったが、中国政府はこの日、春節休暇の開始を受け、海外への団体旅行を禁止することを表明。武漢市内も移動制限が強まり、緊張感が高まっていた。

 日本政府は万が一の場合に備え、24日から成田―武漢間で定期便を運航する全日空とチャーター機に関し、水面下で調整を始めていた。帰国希望の増加の報告を受け、安倍首相は25日夜、「早く対応してほしい」と指示。これを受け、茂木外相が26日に王毅ワンイー国務委員兼外相と電話会談を行い、チャーター機派遣への協力を直接求めた。中国の中央政府関係者との協議も本格化し、チャーター機の派遣計画が固まった。

 帰国者によって国内で感染が拡大する事態を避けるため、帰国者は日本到着後、羽田空港の一般利用客と隔離し、全員をバスで病院に移し、受診させる態勢も整えた。

 「退避作戦」で最も大きな壁となったのが、中国当局の対応だ。チャーター機の離着陸には、停止している管制システムや滑走路などの空港機能を再開してもらう必要がある。しかし、中国側は職員の確保が難しいことなどを挙げ、空港の使用許可を渋り続けた。

 米国やフランスなども自国民の出国のため、チャーター機の空港使用を求めており、各国で「発着枠争い」(外務省幹部)が起きたことも混乱に拍車をかけた。

 日本政府は当初、チャーター機2機を派遣する構えだったが、1機しか認められず、28日午前を目指していた出発時刻も夜にずれ込んだ。

【随時更新】新型コロナ、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を

無断転載禁止
1024869 0 国際 2020/01/29 05:00:00 2020/03/10 13:13:06 2020/03/10 13:13:06 28日、正午過ぎの時間ながらほとんど人影のない武漢市中心部(武漢市の住民提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200129-OYT1I50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ