習近平氏と会談、WHO事務局長「中国と深い懸念共有」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】世界保健機関(WHO)は28日、新型コロナウイルスによる肺炎に対応するため、中国へ専門家を派遣すると発表した。中国側と協力し、国際的な対策を取るための実態把握に努める。中国入りしたテドロス事務局長と習近平シージンピン国家主席との会談で合意した。

 テドロス事務局長は、「中国で、そして国際的にこのウイルスの拡散を阻止することは、WHOの最優先事項だ。ウイルスを理解し、感染を抑えるため、WHOは中国政府と緊密に協力している」との談話を発表した。

 WHOによると、これまで確認された感染者の多くの症状は比較的軽いものの、約20%が重症化しているという。WHOは「中国とともに、中国国外も含めて報告される感染者数に深い懸念を共有した」としている。

無断転載・複製を禁じます
1025183 0 国際 2020/01/29 10:45:00 2020/03/10 11:46:02 2020/03/10 11:46:02

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ