武漢で入院中の日本人男性、重篤な状態続く…検査で陽性疑い

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅官房長官は29日午後の記者会見で、肺炎の症状で武漢市で入院治療を受けている現地在住の60歳代の日本人男性について、「検査の結果、新型コロナウイルスの陽性の疑いが高い」と発表した。入院先の病院が再検査を行い、陽性かどうかを最終判断するという。

 外務省によると、男性は16日に発熱し、22日から入院中で、重篤の状態が続いている。菅氏は「当該邦人の家族や中国側の関係当局と連携をとりつつ、支援していきたい」と述べた。

残り:33文字/全文:243文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1025525 0 国際 2020/01/29 18:34:00 2020/03/10 12:22:12 2020/03/10 12:22:12

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ