新型コロナ、中国の感染者7711人に…感染疑いは1万2167人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=中川孝之】新型コロナウイルスによる肺炎について、中国政府の国家衛生健康委員会は30日午前、中国本土の感染者数が7711人になったと発表した。南西部のチベット自治区で29日に初めての感染者が確認され、これで中国本土の感染は全国31の省・直轄市・自治区のすべてに広がった。死者は170人に増えた。

 29日に新たに確認されたのは、感染者1737人、死者38人だった。いずれも武漢市を含む湖北省が多い。感染が疑われるケースは全国で1万2167人、症状が重い人は1370人となっている。

 中国国営新華社通信によると、中国外交トップの楊潔チ(よう・けつち)・共産党政治局員が29日、米国のポンペオ米国務長官と電話会談した。楊氏は「米国人を含むすべての外国人の安全確保を重視している」と述べ、武漢市からのチャーター機による退避などで協力する姿勢を強調した。

残り:33文字/全文:412文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1027160 0 国際 2020/01/30 11:18:00 2020/03/09 14:45:34 2020/03/09 14:45:34

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ