中国本土以外で「人から人へ感染」…WHOが「緊急事態」再検討へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】世界保健機関(WHO)は29日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大について、「国際的な公衆衛生上の緊急事態」に相当するかどうか、30日午後(日本時間30日夜)に専門家による緊急委員会を開いて再検討すると発表した。

 WHOは22~23日に緊急委を開いたが、中国以外で人から人への感染が見つかっていないことなどから、「緊急事態」の宣言を見送っていた。30日の緊急委終了後、テドロス事務局長が記者会見して検討結果を発表する。

 テドロス氏は29日に記者会見し、感染者の増加や、中国本土以外で人から人への感染例が報告されていることから再検討を決めたことを明らかにした。人から人への感染例は日本、ベトナム、ドイツの3か国で確認されたとしている。

残り:33文字/全文:368文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1027308 0 国際 2020/01/30 10:26:00 2020/03/10 12:12:07 2020/03/10 12:12:07

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ