武漢人を「見つけたら3万円」…社会不安が拡大、ホテル宿泊拒否・村民が検問も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

肺炎の感染拡大を恐れた北京市北部の農村では、部外者が車で村に進入できないように、盛り土で道路をふさいでいた(30日、北京で)=片岡航希撮影
肺炎の感染拡大を恐れた北京市北部の農村では、部外者が車で村に進入できないように、盛り土で道路をふさいでいた(30日、北京で)=片岡航希撮影

 【北京=中川孝之】新型コロナウイルスによる肺炎で、流行源の中国湖北省武漢市を出た住民約500万人の処遇が大きな問題となっている。中国政府は各地のホテルへの隔離を進めるが、所在の把握は難航しているようだ。感染が全国に広がる中、不安に駆られ、部外者を立ち入らせないよう道を塞ぐ村も出ている。

 人口約1100万人の武漢市からは、約500万人が春節(旧正月)の旅行や帰省で市外に出たまま、23日の事実上の封鎖措置で自宅に戻れなくなった。市観光当局によると、27日時点で海外に滞在中の人も約4000人に上る。

 ネットメディア・澎湃新聞によると、出張でシンガポールを訪れていた武漢市の男性は、23日の封鎖当日にいったん飛行機で浙江省杭州まで戻ったが、ホテルの宿泊を拒まれた。仕方なくネットカフェなどで数日過ごした後で発症し、杭州の病院に入院したという。

 中国政府は「我々の敵はウイルスで、武漢人ではない」と訴えるとともに、武漢住民を受け入れる宿泊施設のリストを公表している。受け入れ施設は30日までに広東省や雲南省などの35都市、計約100か所に及んでいる。宿泊先に困る武漢住民を支援すると共に、特定の施設に集めて事実上隔離を進めている。

 また、中国政府は武漢住民全員に居所の申告も求めているが、偏見を恐れて届け出ない例もあるようだ。北京市に近い河北省では、複数の自治体が、未申告の武漢住民を見つけて通報した人に最大2000元(約3万1000円)を支給する懸賞まで始めた。

 北京市北部の農村では30日、部外者が車で進入出来ないよう村道に土が盛られていた。村民の男性は、武漢封鎖の3日後から始めたと明かし、「ウイルスを持った人を村に入れたくない」と語った。

 道を土や岩で塞いだり、村民が検問したりする様子は、武漢封鎖後から中国版ツイッター・微博ウェイボーなどで掲載され始め、河南省の山村など複数箇所に及んでいる。

 こうした行為は社会不安を一段とあおりかねないとして、趙克志ジャオクォージー国務委員兼公安相は28日に開いた会議で、「法に基づいて処罰する」と警告した。

残り:33文字/全文:1101文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1028994 0 国際 2020/01/31 05:00:00 2020/03/10 12:02:16 2020/03/10 12:02:16 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を防ぐため、住民らによって道路に土が盛られ、外来車両が進入できないようになった北京市北部の村の入り口(30日午前11時41分、北京で)=片岡航希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200131-OYT1I50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ