人から人感染、当局は1月初頭から知っていた?「情報隠しだ」批判相次ぐ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【香港=角谷志保美】新型コロナウイルスについて、中国疾病対策センターなどのチームが「人から人への感染は12月中旬から起きていた」との論文を米医学誌に発表したことで、中国では「情報隠しだ」と波紋が広がっている。

 論文は1月29日付のニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに掲載され、各国で報じられた。

 中国当局は20日まで「人から人の感染」を明言していなかった。感染者が集中する湖北省武漢市の政府は1月中旬まで「明確な証拠はまだ見つかっていない」などと発言していた。ネットには、「当局は1月初頭から知りながら隠していた」といった批判の書き込みが相次いだ。

 これに対し、中国疾病対策センターは31日、批判への「説明」として、人から人への感染が12月中旬から起きていたとの見方は、感染が確定した患者425人の資料を基に「後から導き出した推論だ」と釈明した。

残り:34文字/全文:419文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1031171 0 国際 2020/02/01 09:05:00 2020/03/09 14:32:42 2020/03/09 14:32:42

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ