新型コロナ、62か国が入国制限…米操縦士ら中国便の運航停止求める訴訟

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=比嘉清太】中国共産党機関紙・人民日報(電子版)の1日午後11時(日本時間2日午前0時)時点の集計によると、新型コロナウイルスの中国本土での感染者数は1万1860人に拡大した。死者は259人となった。

 各国は中国からの渡航者に対して入国制限を強めている。中国外務省によると、世界62か国が何らかの入国制限措置を導入した。

 航空会社にも中国便の運航を停止する動きが広がっており、経済的影響への懸念が強まっている。

 米アメリカン航空は1月31日、米国と中国本土を結ぶ全便の運航を即時に停止すると発表した。3月27日まで運航を見あわせるという。米デルタ航空と米ユナイテッド航空も、米国と中国を結ぶ便を2月6日から運航停止にするとそれぞれ発表した。

 米CNNによると、米国内の操縦士らの労働組合が、中国便の運航停止を求める訴訟を起こしていた。

無断転載・複製を禁じます
1031709 0 国際 2020/02/01 21:10:00 2020/03/09 14:43:38 2020/03/09 14:43:38

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ