新型コロナ重症患者、エイズ治療薬で「症状改善」…タイ保健省

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【バンコク=大重真弓】タイ英字紙バンコク・ポスト(電子版)などによると、タイ保健省は2日、新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者が、エイズ治療薬によって症状が改善したと発表した。

 患者はタイで治療を受けていた70歳代の中国人女性で、医師がエイズ治療薬「リトナビル」、「ロピナビル」と、インフルエンザ治療薬「オセルタミビル」(商品名タミフル)を投与すると、48時間後にウイルスの消滅が確認されたという。保健省は「全患者に有効とは限らないが重症の場合は選択肢となり得る」としている。中国もエイズ治療薬の活用を検討しているという。

残り:33文字/全文:298文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1033571 0 国際 2020/02/03 07:47:00 2020/03/09 17:55:50 2020/03/09 17:55:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ