新型コロナ死者、中国で361人…SARSの349人を上回る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=竹内誠一郎】中国政府の国家衛生健康委員会は3日午前、新型コロナウイルスによる肺炎の中国本土での死者が、2日までに361人になったと発表した。2002~03年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)での中国本土の死者349人を上回った。

 死者は湖北省で56人、重慶市で1人増えた。感染者は加速度的に増加しており、2日は新たに2829人の感染が確認され、中国本土で計1万7205人となった。感染が疑われる人は2万1558人に上っている。

 中国政府の専門家チームトップで呼吸器専門医の鍾南山氏は2日、中国中央テレビの取材に、新型コロナウイルスによる肺炎の現時点での致死率は約2・3%で、SARS(2003年9月時点で約10%)や中東呼吸器症候群(MERS。19年11月時点で約35%)に比べ「低い」との見解を示した。新たな感染確認は主に湖北省武漢市に集中しており、他都市では「明らかな爆発的な拡大はみられない」とも指摘した。

 中国では2日に春節(旧正月)の連休が終了し、北京市では政府機関や一部企業が活動を再開した。しかし、市当局は感染拡大の防止策として企業に出勤の自粛などを求めているため、例年に比べて静かな連休明けとなった。一方、地方に帰省した人のUターンの動きも始まっており、市当局は各所で体温検査を実施するなど警戒を強めている。

残り:33文字/全文:609文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1033642 0 国際 2020/02/03 09:19:00 2020/03/09 17:55:19 2020/03/09 17:55:19

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ