WHOの台湾排除に日本「地理的空白を生み出すな」…中国は「強烈に不満だ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】スイス・ジュネーブで開かれている世界保健機関(WHO)の執行理事会で、在ジュネーブ政府代表部の岡庭健大使は6日、新型コロナウイルスへの対応を巡り、WHOから排除されている台湾を念頭に「特定の地域がオブザーバーとしての参加さえ認められないことによる、地理的な空白を生み出すべきではない」と発言した。

 米国代表も「WHOは直接、台湾の医療保健当局と連携すべきだ」と述べた。中国代表は、各国の台湾の参加に関する発言に「強烈に不満だ」と応じた。

 また、岡庭大使は新型ウイルス対応のため、WHOに1000万ドル(約11億円)を拠出すると表明した。WHOは、2~4月分として国際社会に6億7500万ドル(約740億円)の支援を求めている。

残り:33文字/全文:363文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1041420 0 国際 2020/02/07 07:58:00 2020/03/09 14:17:07 2020/03/09 14:17:07

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ